バナー

Welcome to my homepage

アンデスの大地から生まれたマカ

  • まずストレスをためないようにする。
    男という生き物はまだまだ強さを求められるところがある。
    そのように見られたいということもあるのだが、そうした場合、この男の尊厳を傷付けたり影響を与えたりするような強いストレス、慢性的なストレスと受け続けると、これが男性機能に悪影響を与えてします。
    このことは男だけでなく女の方も十分に認識して欲しいポイントである。

    その上で取り組んだのが「サプリメント(supplement)」や生薬などを摂取することだった。
    【マカ(Maca)】と【マムシ(蝮)】と【アルギニン(Arginine)】【亜鉛(あえん)】そうだった。
    そこでまずは【マカ】のから。
    マカは南米ペルーに多く生育しているアブラナ科の多年生植物。
    このマカの根は、何千年もの太古の時代から、このアンデス地方で生活をしてきた人々に薬用のハーブとして摂取されてきたもので、この地では大変重要な植物でもある。

    そもそもアンデス高地という場所であり、植物が生育する環境としてはとても厳しい条件となっている。
    なので、その環境で育つということで、マカは大変生命力溢れた植物という位置づけであり、それが「薬草」ともいわれるゆえんでもある。
    別名は「ハーブの女王」とも言われている。

    昔からの利用方法としては、不妊や月経不順、精力減退といったものに有効といわれ、民間療法ということで男女問わず利用されてきた歴史がある。

    マカには蛋白質はもちろんさまざまなビタミン・ミネラルを含有している栄養素が豊富である。
    現代社会がもつストレスによる不感症、不妊、生理不順、インポテンツ等に効果があるということで、使い始めたということなのである。
    ただ、マカは基本ハーブということで、長期間の服用が必要となる。
    特効薬的な効果にはあまり期待はできないところが弱点であった。
滋養強壮の雄、マムシ性機能障害で多い勃起不全